フリーエンジニアに引退は不要

フリーエンジニアには若いうちに引退を考えなければならないということを一般的に言われ、35歳引退説などがまことしやかにささやかれてきていました。確かにそういった時代があったことも事実であり、募集条件を見ると30代、40歳以下といった条件が付されていることがしばしばありました。そういった案件は徐々に減る傾向にあり、年齢よりも実力を重視して募集がかかるようになってきています。

そのため、いつ仕事を辞めなければならなくなるかということを外的要因によって考えなければならない時代はすでに通り過ぎ去っているのです。仕事の獲得は競争という面もあるため、受けられる仕事の量が減っていってしまう可能性は否定できません。エージェントに紹介してもらっていると特に若くて体力がある人に多く仕事が紹介されがちなのも事実かもしれません。しかし、自分で仕事を探していけば年齢に関わらず仕事を見つけていくことができ、現役のフリーエンジニアとして長く働き続けることは可能なのです。

ただし、転職をしたいと考えている場合には引退時期を考えなければならない場合もあります。公務員のように採用に関して年齢制限が明示されている場合もあるからです。その場合に準備期間も考えて早めにフリーエンジニアとしての現役を退く必要が生じるでしょう。転職をして誰かのために働くという選択肢を取るのかということや、その際に年齢制限はあるのかということは将来設計をする上で早めに判断しておくことが大切なのです。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です