フリーエンジニアとして長生きする考え方

フリーエンジニアにとって引退の時期をいつにするのかというのは人生設計をする上でとても重要になります。求人情報を見ていると年齢制限がかかっている案件も多く、30代も後半になると段々と受けられる仕事の数が減ってきてしまいます。

楽観的に考えて、仕事が受けられなくなってしまったときが引退のときと考えるのも1つの戦略です。現状では受けられる仕事が少なくなってきても、数年後にどうなるかはわかりません。ニーズの高まってくると予想されるスキルを身につけることによって年齢に関わらず受けられる案件が増えてくる可能性があるからです。ITの業界は進展が著しいことから数年先のことは予想することが困難な状況にあり、晩年のフリーエンジニアにとっても状況が好転する可能性があるのです。

しかし完全に職を失ってしまって、年齢故に転職先も見つからないという状況は避けなければならないでしょう。そういった際に食いつなぐ方法としてクラウドソーシングによるどちらかといえばアマチュア向きの仕事も多数あるということを知っておくと良いでしょう。1つ1つは小口案件であり、高い専門性がなくても短時間でできるものが紹介されています。それを数多くこなすことによって日々の生活費を稼ぐには十分なこともあります。本当に職を失ってしまった場合にはそういった案件にも目を向けてみると引退せずにフリーエンジニアとして生活していくことも可能性もあるでしょう。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です