フリーエンジニアの引退はいつかわからない

どんな業界であってもフリーランスで働く場合には引退を考えなければならないタイミングが 訪れます。フリーで働くことができるというのはその仕事に高い専門性があるからであり、しばしばそれは絶え間ない自己研鑽によってのみ培われるものであることから、それを行っていく体力と気力が継続する間に現役として活躍できる期間が限られているのです。

IT業界におけるフリーエンジニアにしても同様のことを言うことができ、仕事は目の前にあってもそれをクライアントの要望にそうように処理していくことができないということに苦悩するときが訪れてしまい、引退を決意するときがいつかはやってくるのです。

エンジニアとして活躍することを目指して若い頃から研鑽を積んできたことを考えると、そういった事態になってしまう前にできる限りの仕事を行っておくことが大切です。受けられるだけの仕事を受けて体力の続く限りそれらに注力していくことで、悔いを残すことなく引退できるようになるでしょう。ただし、配慮しておかなければならないのはそれがいつ訪れるかわからないということです。

能力のある人は晩年まで現役で居続ける道を見いだせるでしょうし、そうでない人は30代でも生き抜くのが大変になるかもしれません。そのライフステージによっては次の仕事がなければ生涯を過ごせなくなります。仕事に忙しくなりすぎてしまって、仕事ができなくなったときのキャリアパスを考えておくことを忘れないようにしましょう。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です