フリーエンジニアの引退時期は

フリーエンジニアのいいところは、引退時期を自分で決められるところです。仕事がしたいのであれば、65歳を過ぎてからも十分に仕事はしていくことができます。普通のエンジニアとして働くこともできますが、豊富な経験を活かしてITコンサルタントなどに転身をするのも手です。シェアウェアや有料アプリなどを作って売るのであれば、それこそ年齢はまったく関係なくなってきます。スキルがあるのであれば、ほとんど年齢は気にならないことでしょう。

もちろん長く働き続けることもできますが、若い時期に集中的に稼いで早めにリタイアをするという人も多くいます。歳を取れば新しい技術に対応するのが難しくなったりしますから、そういう方法も十分に考えられます。経験を積んだ後に、どこかの会社に入って上流工程に携わっていくというのも賢い方法です。上流工程でなら、年齢を重ねていてもまったく問題なく働いていくことができます。管理職のような働き方ができるので、それを目指してみるのもいいでしょう。

フリーエンジニアという働き方は、状況に合わせてさまざまな道を選択することができるのが素晴らしい点です。一時期はエンジニアは35歳が引退時期だということも言われていましたが、今ではそういったことはほとんど言われなくなっています。どの業界も高齢化が進んでいて、今後は経験値の高い年長者の力も必要になってくるのです。成長産業であるIT業界は仕事の量が多いために、老後であっても活躍しやすいです。

Leave a response

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です